ウエディングドレスにもぴったりのゴージャスでセレブ感漂う日傘こだわりレースのハンドメイド...
〔結婚式〕ドレスレンタル2021ロレッタ〔二次会〕〔イタリア〕

ウエディングドレスに関するニュース

ウエディングドレス 神田うのブランドのこだわり

神田うのデザインのウエディングドレス、シェーナ・ドゥーノのドレス、
うのさんはパターンを引くだけのデザインではなく、実際にドレスのサンプルに触れ、モデルを前にピンを打ち、リボンの位置や大きさを確認し、ベストなバランスを見つける・・・というこだわりの元で作られているそうです。
普段の生活で自分が見たもの、感じたことや聞いたことなど、色々なことすべてをデザインの基にしてしまうようそうです。普段から一流品を身に付けている神田うのさんだからこそ、本物のよさを良く知っているのでしょうね。本当に良いものは着心地、肌触り、バランス、全てにおいて完璧でなければならないっていうこだわりは大事なことですよね。
ドレスと一緒にコーディネイトする帽子やベルト、アクセサリー類もトータルでデザインするというのだからすごいです。一般人にとってそこまでのこだわりが必要かどうかは別として、こんなこだわりの元で作られたウエディングドレスって、やっぱり着てみたいと思いますよね!
北海道から九州まで、幅広い地域で多くのショップが取り扱っているので、お問い合わせのうえ、ごらんになってみてはいかがでしょうか。

ウエディングドレスに関するニュース

ギネス級ウエディングドレス・吉尼斯級婚紗(ジーニィスージーフンシャー)

「13億人を超える人口を擁する中国。結婚衣装のスケールもけた外れだ。広東省広州で開かれた結婚式で花嫁がまとったウエディングドレスのトレーン(すそ)が実に200・8メートルにおよんだという。」

このようなニュースが飛び込んできました。

詳しくは、こちらをご覧ください。



それにしても、200m以上のウエディングドレスというのはすごいですね。

よく長いドレスを着ると、裾をふんずけて倒れてしまうような場面がありますが、それとは比べ物にならないスケールです。



中国は人口も多いですし、ウエディングレスもすごいスケールだと思います。



ちなみに、この200.8mという半端な数字は2008年をイメージしたようですね。

日本もこういう語呂合わせのようなことは好きですが、中国も同じのようですね。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。