ウエディングドレスにもぴったりのゴージャスでセレブ感漂う日傘こだわりレースのハンドメイド...
〔結婚式〕ドレスレンタル2021ロレッタ〔二次会〕〔イタリア〕

ウェディングドレスレンタル全般

ウエディングドレス 神田うのブランド

セレブブランドとして、ウエディングドレスをはじめ、ストッキング、ジュエリー、サングラスなど多くのファッションアイテムをクリエイトし、成功をおさめてきた神田うの。「シェーナ・ドゥーノ」というウエディングドレスブランドは有名ですよね。
「シェーナ・ドゥーノ」とはイタリア語で、シェーナ=シーン(場面)、ドゥーノ=「うの」「ナンバーワン」「最高のモノ」という意味からとった名前だそうです。
シェーナ・ドゥーノのドレスを着て最高のワンシーンを過ごして欲しいというチーフデザイナー神田うのの願いが込められています。素材やデザイン・カッティングのすべてが高級志向に作られていて、本当にすばらしい作品ばかりですね。
2001年、株式会社クラウディアから「Scena D'uno」(シェーナ・ドゥーノ)を発表し、それ以降、パリ・オートクチュール・コレクションに出展。ブライダルウェディング業界において様々な旋風を巻き起こしてきた彼女は、その後、ニューヨークでのコレクションも発表し、世界中のマスコミやブライダル関係者からおおいに注目される存在にまでなったようです。
彼女の作品を身にまとい、一生に一度の晴れの舞台を演出したい女性は数多いと思います!
-----

ウェディングドレスレンタル全般

ウエディングドレス 格安 海外で!

ウエディングドレス、タキシード、挙式、ヘアメイク、ブーケそしてリムジンでの送迎が付いて格安パッケージになっている海外挙式が話題になっています。海の見える教会・パイプオルガンのある教会・本格的な大聖堂などそれぞれの憧れを叶えてくれるだけでなく、式に必要名アイテムが全て込みになったプランは嬉しいですね。
式は海外で済ませて、その後帰ってきて日本で披露宴を開く・・・なんていうパターンにあわせて、衣装のレンタルを1ヶ月無料で!なんていうシステムもあるんです。
現地でウエディングドレスを調達することもできるし、日本から持っていくこともできるというのは安心ですよね。
海外格安パッケージは南の島が多く、ハワイ、モルディブ、タヒチ、バリ島などが人気のようです。その場合、現地のドレスやタキシードに汚れが会ったり、サイズが合わなかったりということが多々あるようなので、事前に調べてみた方がよさそうです。
憧れの海外で、格安で結婚式をあげることができるなんて、すごく幸せですね!

ウェディングドレスレンタル全般

ウエディングドレスのレンタル料金平均は?

ウエディングドレスレンタル料金って平均するとどれくらいになるのでしょうか。
平均するとウエディングドレスで19万くらい、カラードレスだと5万ほど、というのがおおよその平均だそうです。
その中でも、アクセサリーや小物が別料金の場合があります。レンタルなら基本的に一式セットになってレンタル価格に含まれていることが多いですが、特別なものを借りたり、セット以外の小物をレンタルしたい場合は別途料金がかかるのが普通です。
レンタルドレスを借りる場合でも、ブライダルインナーは自分で用意する必要があります。
ブーケや髪飾りなども別料金になっているようです。
持込保管料:式場提携でレンタルせずに衣装を持ち込む場合は1着あたり1〜3万程度の保管料をとられる場合があるので要注意です。
レンタルドレスの試着も、一度でめぐり合いその場で決められれば良いですが、カタログにはあってもその場にはないということも多いので、あらかじめカタログ等で選んでおいて、予約を入れることも大事ですね

ウェディングドレスレンタル全般

ウエディングドレスをレンタルすることに潰て

ウエディングドレスレンタルする若い女性が急増してます。
ウエディングドレスを購入すると数十万から数百万、そしてそれにつけるアクセサリーだけでもかなりのお値段になりますよね。
形式にとらわれず、式よりもハネムーンにお金をかけたり独自の楽しみ方をするのもス的ですよね。
ドレスは海外のデザイナーによるものや、ブランド物もあり、サイズも豊富で100点以上のドレスの中から選べるお店もあり、ドレスに合わせた小物、アクセサリーなども無料で貸し出してくれます。
ヘアメイクやコーディネイトもプロの方がアドバイス。一流ホテルや式場にも劣らないサービスが嬉しい限りです。
レンタルの会社、お店は数多くあり、カタログもそろっているので、時間をかけてじっくり探すと必ず自分に合った素敵なドレスを見つけることができるはずです。
なかなか決めることができないときなどは、取り置きのシステムがあることもあるので、ぜひ利用したいですね。
素敵なドレスに出会えると良いですね!

ウェディングドレスレンタル全般

ウェディングドレスのレンタルについて




ウェディングドレスレンタルについて少し紹介してみたいと思います。ウェディングドレスレンタルは、いまとても人気があるといわれています。ウェディングドレスレンタルをする場合でも、自分にあったオーダーメイドのものをウェディングドレスレンタルするということもできます。


このタイプのウェディングドレスレンタルはファーストオーダーレンタルと呼ばれているもので、普通のウェディングドレスレンタルの場合は、誰かが着たものを切ることに鳴るのですが、このファーストレンタルの場合は、自分が初めて着ることになりますし、そして、自分にぴったりのサイズを作ってもらえるので、微妙なサイズの違いを気にすることがないですね。


ウェディングドレスレンタルは、経済的にもウェディングドレスを購入するよりもいいかもしれませんね。一生に一度しか着ることがないドレスを買うのかレンタルするのかは考え方次第ですね。ウェディングドレスレンタルを考えるときにはファーストオーダーレンタルできるお店がいいですね。

ウェディングドレスレンタル全般

レンタルウェディングドレスのAライン





レンタルウェディングドレスのAラインについて紹介します。レンタルウェディングドレスのAラインというのは、どのようなドレスなのかと言うと、ドレスの見た目がアルファベットのAのような形になっていることからAラインといわれるようになりました。レンタルウェディングドレスのAラインは、ウェストラインが少し細く見えて、裾が広がっているデザインでとってもスタイリッシュな感じのドレスです。


レンタルウェディングドレスのAラインは、あまりレースがひらひらついているデザインと言うよりも、どちらかと言うとサテンやオーガンジーなどの素材を使ってスッキリとしたスタイリッシュな感じです。


背が高い人のほうが似合うかもしれませんが、長身に見えるデザインですから、背が低い人でも着ると背がたかくみえていいかもしれませんね。胸の部分に切り替えがあるレンタルウェディングドレスのAラインの場合は、足が長く見える効果があって素敵ですね。

ウェディングドレスレンタル全般

レンタルウエディングドレスのデメリット





レンタルウェディングドレスのデメリットについて紹介したいと思います。レンタルウェディングドレスのデメリットの一番は、自分のサイズに全く完璧に合うと言うことはまずないということですね。レンタルウェディングドレスにはサイズがありますから大体の7号、9号などと言ったサイズは選ぶことが出来ますが、微妙なボディーラインの調節は、やはりオーダーメイドのウェディングドレスとは違って必ずフィットすると言うことはありえませんね。


レンタルウェディングドレスのデメリットとしては他にも、少し型が古いウェディングドレスだったりするということもありますね。最新の流行のレンタルウェディングドレスをしているお店はあったとしても、なかなかレンタルの順番待ちだったりして自分が好きなときに着ることが出来なかったりしますよね。


それから、レンタルウェディングドレスはやはり何人もの人が着ているわけですから、多少古くなっていたり汚れているものもあるかもしれません。ですからレンタルウェディングドレスのデメリットも色々考えた上でレンタルにするのか購入するのか考えたほうがいいかもしれませんね。


 レンタルウェディングドレスでもファーストレンタルといって一番初めにレンタルドレスを着ることが出来る商品もありますよ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。